サバとエンガワ

サーバーエンジニアしてます、地方に住んでます、、、

【スポンサーリンク】

PHPUnitを実行するためのEclipseプラグイン【MakeGood】

Webシステム開発の場でユニットテストを実施すると思いますが、統合開発環境IDE)からボタン一つで実施できれば便利ですよね。

 

f:id:adakkuma:20171105225656j:plain

今回は、IDEの一つであるEclipseからPHPUnitを実行するためのプラグインを導入する手順について紹介します。

 

導入するプラグインは下記になります。

MakeGood | Eclipse Plugins, Bundles and Products - Eclipse Marketplace

対応するEclipseのバージョンは Oxygen(4.7) まで対応してますと書かれているみたいなのですが、私が確認したところ Oxygen(4.7) に入れると Eclipseがバグってしまうことが確認されましたので、Neon(4.6)に導入する手順について紹介します。

 

目次

 

Eclipseの導入

すでにEclipseを導入済みの方はスキップしていただければよいですが、日本語版がでているのでそれを導入するのが簡単です。

Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project

上記サイトへアクセスして Neon(4.6)のPHP版をダウンロードします。

f:id:adakkuma:20171105223408p:plain

zipファイルを適当な場所に解凍します。
※ファイル名が長いものもあるため、Cドライブ直下などが良いと思います。
※「Standard Edition」をダウンロードした方は別途JRE 8 をインストールする必要があります。

 

マーケットプレース・クライアントのインストール

Eclipseを起動し、ヘルプ -> 新規ソフトウェアのインストール で 作業対象を "--すべての使用可能なサイト-- を選択して、フィルター部分に "ma" を入れると 「マーケットプレース・クライアント」が出てくるので、それをインストールします。

f:id:adakkuma:20171105224632p:plain

インストール完了後はEclipseの再起動を求められるので、そのまま再起動します。

 

MakeGoodのインストール

下図の通り、マーケットプレースを起動して検索に "makegood" を入力して検索ボタンを押すと、MakeGood がヒットしますので、[インストール]ボタンを押します。

f:id:adakkuma:20171105224918p:plain

インストール完了後はEclipseの再起動を求められるので、そのまま再起動します。

 

これで MakeGood のインストールは完了です。

次回は、MakeGoodを利用してPHPUnitを実行する手順などをまとめたいと思います。

 

では